診療案内|川崎市の歯医者なら村田歯科医院

  • 川崎市の村田歯科医院
  • 0445448882

    EPARK

診療案内

診療内容

一般歯科

一般歯科

なるべく削らない、抜かないなど、痛みの少ない治療を提供する為に様々な工夫をしております。
歯ぐきの表面をシビれさせて、麻酔の痛みを減らす薬をジェルとパッチで使い分けています。
麻酔薬の温度を体温と同じにしています。高血圧の方、心臓に不安のある方にはストレスの少ない麻酔薬を用意しています。
歯石をとる機械も最新式の振動が少ないものを使用しています。

予防歯科

予防歯科

むし歯も歯周病も細菌による感染症です。放置して自然に治ることはありません。
歯周病は、歯ぐきや歯の周りの骨の病気で、進行すると歯がぐらつき抜けてしまったり、外科処置が必要になったりします。
歯磨きの仕方についてのアドバイスと定期的なプロフェッショナルクリーニングでむし歯と歯周病を予防していきます。

小児歯科

小児歯科

乳歯は永久歯に比べて咬む面の溝が深く、食べカスが詰まってむし歯になりやすいです。

むし歯予防、早期発見、早期治療の為にも、定期検診、クリーニング、フッ素塗布をおすすめいたします。

シーラント

シーラントとは奥歯の溝深い部分にレジンを埋め込んで、その部分のむし歯を予防する方法です。(レジンとは軽いむし歯治療の時に詰める白いものです) ブラシが届きにくい奥歯などを歯磨きする時に有効です。実際に行う際は、本来のかみ合わせに影響が出ないよう注意しながら進めます。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗ることで、むし歯になりにくい歯にすることができます。 フッ素には歯のエナメル質の強化、再石灰化の促進、むし歯菌の活動抑制など様々な効果があります。 フッ素の効果は次第に弱くなっていきますので、定期検診の際に塗ることをお勧めいたします。

インプラント

インプラント

インプラント治療のメリットは天然歯とほぼ同等の強い力で物を噛むことができます。入れ歯のように口の中に異物感が残ったりなど、違和感を感じることもありません。

見た目も自然に美しく仕上げることができ、天然歯とほとんど見分けがつきません。インプラントについて、より詳しく知りたい方は気軽にご相談してください。

詳しくはこちら

審美治療

形の悪い歯、変色した歯を、特殊なプラスチックやセラミックで自然で美しい歯に回復できます。ホワイトニングも行っていますが、全ての症例に有効な訳ではありません。詳しくは、ご相談ください。 義歯の場合でも、金具を使用せずに作製することができます。

詳しくはこちら

ホワイトニング

当院では自宅で行うホームホワイトニングをお勧めしております。

ホワイトニング

ホワイトニング

入れ歯

入れ歯

抜けてしまった歯を補うために作られた入れ歯ですが、「入れ歯が痛い」「外れやすい」「ちゃんと噛めない」など、悩みを抱えた患者さんがいらっしゃいます。

毎日の楽しみであるはずの食事がおいしく食べられないというのは、ストレスになります。 きちんと原因を取り除いて、快適な生活を取り戻してもらうために患者さんに合った入れ歯を提供しております。

咬むことの大切さ

咬むことの大切さ

65歳以上で自分の歯がほとんどなく、入れ歯などで食べ物を「あまり咬めない」と答えた人は「何でも咬める」という人と比べて、介護の必要な認知症になる可能性が約1.5倍高くなることが明らかになりました。

合わない入れ歯を使い続けると、以下のような症状が出る可能性があります。

  • 歯ぐきに負担をかけてあごの骨がやせてしまう。
  • 物が咬めなくなり、消化吸収能力が低下する。
  • 頭痛や、胃痛、肩こりなどの痛みとなって現れる。
  • 顔の筋肉が衰えしわができる。
  • など、痛みや咬めない等のお悩みがある際は、お気軽にご相談ください。

    詳しくはこちら

    高周波治療器による治療

    高周波とは

    高周波の種類は様々ありますが、当院で使用するものは1秒間に51万回の振動でエネルギーを発生させ、細胞の活性化を図り、免疫力を高めます。
    微量の電流を流す事により、生体に熱を発生させて、その熱により滅菌、殺菌をする事ができ、予後も良く再発の可能性はほとんどありません。
    現在、高周波治療は歯科だけでなく、医療全般で活用されており、効果が上がっています。

    注意事項

    当院の高周波治療器は、人体への影響はありませんが、例外的にペースメーカーを使用している患者さんには使用できません。 また、妊婦の方も避けた方が良いでしょう。

    院内感染対策

    院内感染対策

    口腔外バキュームを使用する事で、細菌、ウイルスの飛散を防止しています。
    可能な限り使用した器具(エプロン、コップ、注射針等)は使い捨てにしています。
    使い捨てにできない器具は、ケミクレーブ(アルコール高圧蒸気滅菌器)でしっかり滅菌しています。
    患者さん用のスリッパは、常時、紫外線滅菌しています。

    ページトップへ